カムチャツカ旅行記

カムチャッカ旅行記

2003年8月11日~15日
written by Yaguchi-Production Manager.
photo by Sadao Masaoka&Yaguchi-Production.

8月11日(月曜日) 羽田空港→釧路空港→エリゾボ空港

今回 我々の宿泊先 アバチャホテル PM10:00着
チョット肌寒い夜でした。
最初の食事がPM11:00スタート
テーブルの上の皿が今夜の食事の
全部かと思ったら
単なる前菜でメイン
入りませんでした。 
ペーパーは持参する事と言われ2ロールも 持っていったのに 備え付けのペーパーで充分でした。
便座に座ると蓋が背中に……。
冷蔵庫は 節電の為か自分たちの手で
入電しなければならなかった…
発見!カーテンレールには針金が代用
されてた….(
恐るべし!ロシア!!
テレビではNHKが放送されていました。

           カムチャッカ旅行記 ボタンでスタート  ボタンで一時停止


8月12日(火)ペドロパブロフスク・カムチャツキー市内観光編
  

1970年頃に建てられたアパートですが
出窓のようなモノが今にも
壊れそうで見ていてチョット不安…..
「マルクス・レーニン主義」のレーニン像聖使徒ピョートル号と聖使徒パーベル号
(ビトゥス・ベーリング記念碑にて)
郷土史博物無名戦士の墓ロシア聖教の教会
自由市場(バザール)文房具は品物からするとチョット値段が高い様な...自由市場の中の魚屋さん
サーモンはさすがロシア!!
たくさん売ってました。
ペドロパブロフスク防衛隊員の記念碑

              
ワヒール川 フィッシング編

台風の後遺症で飛ぶか飛ばないかの
決定に時間がかかり
随分待たされました。
頼もしいパイロット 
迷彩服がカッコいい☆
この窓から羆が歩いているのが
見えました。
釣師の面々その1 期待度120%釣師の面々その2 釣る気満々  釣師の面々その3 作戦会議中
アメマスが釣れた矢口とにかく歯が鋭い!!富良野からの参加の上原さんもヒット坂本兄弟 「イエ~イ!!」
通訳のセルゲイ君もテント作りの手伝い嬉しいがチョット不安な昼食だったけど
予想外に美味しかった
ロシアの家庭料理 
沢野さん、ボルシチは
美味しかった?


        8月13日(水)ビストラヤ川 フィッシング編

AM4:00起床5:00出発
小雨の降る寒い朝でした。
この車で出発です。
朝食は朝が早かったのでランチBOXが
配られました。中味にビックリ!
オレンジ.バナナは普通でレモンが
入っている人も…
レモンをデザートには無理で~す!
川まで白樺林を駆け抜けて行きました。
枝が窓ガラスにビシバシ!
AM7:30頃釣り場に到着
 一斉に釣具の準備です
蚊が物凄く多いので完全防備体制
(頭からスッポリ防虫網)
身体には防虫スプレー

(キャディさんではない)
さあ フィッシングの始まりだぁ!
イエ~イ♪
釣れるかな?釣るぞ!(し、しかし川の中は寒い!)お~い!釣れてるかぁ?
釣れたぞ!何センチかな私にも持たせて…(M)
あまり寒いので火の回りには
いつも誰かが….
(夏なのにホント寒かった)
やっとお昼 
今日のメニューは何かな?
オヤ? 矢口の左に何かが?
カムチャッカまで来てナニ食ってんだぁ?
カムチャッカ旅行記

                                              ボタンでスタート  ボタンで一時停止


8月14日(木) オプショナルツアー ダーチャ編 
   

市内でアパートに住み週末にはダーチャと呼ぶ郊外にある別荘で野菜を作ったりして生活している人もいる。ダーチャはお金に余裕が
有る人が所有しているようだ。
こんな日本車が一杯走っていました。
ピロシキを路上で買って食べています
肉入りピロシキ.ジャム入りピロシキ
どちらも熱々で美味しかった。 
途中 小さなお店でビールを買おうと… こんな野菜も売っていました。
水着を着ての温泉と聞いていたので 
どんな温泉かと思っていたのですが..
.
この二人が入っていた温泉が
一番大きかった。
(この場所はヌルかった)
野良犬の様でしたがやはり湯治かな?
川原を掘ると自分専用の温泉も出来そう
でした。 ただお湯は熱かった。
ツアーバスの運転手さんも大はしゃぎ
親切な人でした。
ロシア人の親子 
彼女も末はお母さんの様に
なるでしょう(多分)


          FOX BURROWで昼食編      

PM4:00 これからお昼 考えられない
PM7:00から夕食予定なのに…
イカとジャガイモのピザ風
その他、花嫁のサラダ、ボルシチ(ウクライナ風)アイスクリーム(リンゴ・オレンジたっぷりの生クリーム)何だかんだと言いながら全員完食したのである。
店の中はカムチャツキーの
動物の剥製が一杯でした。



お疲れ様!皆さん
          


明日は日本に帰るんですね。楽しい日々は、あっという間に過ぎてしまいます。
だけど、良い思い出が沢山出来ました。JTBの釧路支店の皆様、大変お世話になりました。通訳の方々もありがとう御座いました。
- 矢口プロ・マネージャーより ー