世界子ども愛樹祭コンクール

世界子ども
平成17年1月20日に某会館で「第14回・世界子ども愛樹祭コンクール」の最終選考会が行われた。

主催/世界子ども愛樹祭コンクール実行委員会
矢部村・矢部村教育委員会・(財)森と村の会・(財)秘境杣の里
ふるさとの町や村や森や林、また、日頃から親しんでいる草木などをテーマにした世界子ども愛樹祭コンクール。
外国の子ども達や日本の子ども達から沢山の絵画や作文、詩、木ハガキなど送られて来ました。
どの絵も素晴らしく改めて子ども達の想像力には驚きました。
最終選考委員
 森とむらの会 会長 高木 文雄
 画家(日展会員) 吉田 民尚
 絵本作家 長野ヒデ子
 詩人 内田麟太郎
 漫画家 矢口 高雄
 詩人 椎 窓 猛
第13回 世界子ども愛樹祭コンクール
森の大賞(林野長庁官賞)みどりの賞(福岡県知事賞)みどりの賞(福岡県教育委員会賞)
ラオス Sengdao BOUNSAWANスリランカ K.A.DILINI CHATHURIKA KUMARAPELI中国 ユウ イツチン
「第14回 世界子ども愛樹祭コンクール」の授賞式は、3月27日(日)、矢部村:中学校多目的交流ホールにて行います。 

どれも一生懸命描いたモノばかりなので審査員の皆さん、とっても迷って悩んでました。
でもこの企画は大変素晴らしいと思います。


さあ、第14回目の受賞者に選ばれた子ども達は誰でしょう。楽しみですね~