広島県公立高校入試問題に矢口高雄作品が!(ひとコマだけど)

2021年3月8日にあった広島県公立高校の国語の試験問題の生徒の会話に「鈴木」「西川」「島内」「坂倉」「中田」「森下」「松山」など広島東洋カープの現役選手の名前が使われていたというのはニュースになっていましたが、私は阪神タイガースのファンなのでスルーしていたところ、『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』の藤澤志穂子さんから矢口高雄作品が使われているとのご連絡を頂きました。ちなみに矢口は西武ライオンズのファンでした。というか、高校野球が一番好きだったかな。地区予選からずっと見てて(東京だけでなく近県のも!)、理由を聞くと「プロ野球では見られない予想もしないとんでもないプレーをするから」との事でした。

早速、調べてみたところ入試問題を見つけました。 https://www.tss-tv.co.jp/web/ex2021/doc/kokugomondai.pdf

戸川幸夫先生の『爪王』からの出題がメインで矢口高雄の『野生伝説 爪王』からひとコマ使用されています。なかなか面白い問題ですね。

解答は以下。動画によると大体意味があってればよいとのこと。

5 Ⅰ 三年前に赤狐と戦ったとき、深い傷を負い弱り切った経験がある。

5 Ⅱ 心からいとしいと思う
 

実は去年のセンター試験に三平くんの名前が出てきて矢口は喜んでいたので、入試問題にもなったと知ったらもっと喜んだと思います。