「大麻の医療利用」が世界中で加速する納得理由

Yahoo! で矢口高雄を検索したら以下の記事が。
 

Yahoo!ニュース

 ここまで述べてきたように、日本人は大麻を薬として用いてきました。数年前、ワイドショーで「『医療大麻』などというものはな…

 また、日本の「繊維型」の大麻も、時には薬として利用されていたようです。『釣りキチ三平』などで知られる漫画家・矢口高雄の自伝的エッセイ漫画『ボクの手塚治虫』には、この民間療法を描いた貴重なシーンが出てきます。このシーンでは日射病の薬として大麻の葉が用いられていますが、まさしく「沈痛」「麻酔」の効果を発揮しています。

東洋経済オンライン

このシーンの登場人物、矢口の妹のヒロコさんはこのエピソードのことは全く覚えていないどころか、矢口マンガに自分が登場することもあまり知らなかったようです。『ボクの手塚治虫』はKindle Unlimitedで読むことが出来ますので是非。